FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ちょこ先生にまた会える…

      ちょこ先生濡れ

     CG集で発売しておりました。
    『ちょこ先生とあまあまレズセックス』がデジタルコミック化されて帰ってきます。
    発売はもう少し先のようなのですが、
    ちょこ先生と葉月さんの保健室エッチを漫画形式でお届けできる?感じなのでしょうか…

    また、ちょこ先生シリーズの3作目、
    ちょこ先生にできた可愛い彼女を略奪にこっそりお姉さんが乱入…
    レズレズ3P!?
    『ちょこ先生とどきどきレズパニック』(仮)を今後製作予定です。


    ◆ちょこ先生製作秘話◆

    実はこのちょこ先生というキャラクターは、お話が2月頃完成目処だったため、
    バレンタインデーにちなんだ内容にしようという案から生まれたもので、
    本名は藤ヶ崎千夜子、チョコレートを食べると性欲が抑えられなくなるという設定でした。

    また余談ですが、このとき作者は、
    ちょこ先生というイラストレーターさんが実在することをまったく知らず、
    逆にこのお話のちょこ先生でたまたま画像検索をかけたところ、
    イラストレーターの方の絵がたくさん出てきて知り驚いた次第で…
    (申し訳ありません)

    そんな感じでちょこ先生シリーズもまたまた再始動予定ですので、
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    新年あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。
    昨年はみなさまにご愛顧をたまわり、
    それだけを糧に一生懸命描いて参りました。

    本年も良い作品をお届け出来ますように精進致しますので、
    どうぞよろしくお願い致します。


    目隠し
    なお、次回作は
    「恥辱新年会・お嬢とメイドのドスケベすごろく」
    を予定しております。

    新作できました!

    CG集・最新作やっとできました。
    今回ちょっと時間がかかってしまいました。

    その分、基本絵約24枚と、いつもよりボリュームアップしています。
    (話を盛り込んでいたらどんどん増えていってしまいましたw)

    お話のほうは、前回『淫魔の花嫁』の後編にあたります。
    いったん去ったローザが、ふたたび現れセシリアたちはどうするのか……
    最後にはちょっと意外な結末が……
    と言った感じです。

    あまり、お話しするとアレですので……
    製作秘話的なものはまた後ほど………

    ニーナ封印カット
    劇中、1カットしか使わなかったので、
    供養にニーナさまのシーンを載せます。

    淫魔の花嫁~完結編

    ローザ登場

    「可愛いアタシのセシリア… 迎えにきたわ…」

    再び現れた淫魔ローザ。
    ニーナさまはセシリアを守ることができるのか…? 

    そして揺れるセシリアの気持ち……

    その結末は!!??


    ◆ 淫魔の花嫁 ~レズビアンエンゲージ~ 完結編 ◆
     まもなく公開できるかと思います…
     もうしばらくお待ちください。

    淫魔の花嫁~ 次回は完結編 !?

      キス

    CG集「淫魔の花嫁」たくさんの方にお買い上げいただき本当に感謝しております。
    出来る限り、ご期待やご要望にお応えしたく、鋭意努力を重ね製作に取り組んでいるところです。

    作品に関しても、ありがたいご意見やご感想をいただき、大変励みになっています。
    中でも、「男性・男性器などが出てこないことで安心して見ることができる」
    というご意見を、多くいただきます。

    もうご存知かもしれませんが、作者も男性・男性器などがかなり苦手でして、
    ちょこ先生や今回の淫魔の花嫁のようなレズ作品が本来の自分の作風なのですが、
    一般的に「エロ」というと男性や男性器を出さないと始まらない、
    また、業界の方のご意見ですと「レズのみでは売れない」というのを必ず聞きます。

    なので、作者も「男性・男性器を一切出さない」というお話は、
    見ている方がもの足りなく感じてしまうのでは…?なんだか申し訳ない…と思ってしまい、
    作品紹介文の中にも注意書きとして表記している次第なのです。

    ですが、そちらのほうがいいと言うかたも、たくさん居られることが分かり、
    「こういう性癖は自分だけじゃないんだ…」という点で安心材料になっただけでなく
    「普通はこんな展開を入れないとみんな喜ばないんじゃないか」的な
    半信半疑な気持ちで作品をつくることをやめて
    ブレずに自分の作風を貫こうと決心することができました。

    全体から見れば、もちろん自分のような考えは、
    まだまだ少数の意見にすぎないと思いますが
    レズ好きなみなさんに背中を押していただいたおかげで
    純レズビアン作品を作っていこうと思うことができました。

    これからももっと、深く、エグく、それでいて綺麗な作品作りに精進しますので
    今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。