FC2ブログ

    百合のおはなし

    ご存知かと思いますが、私、こずえあかりの作風は百合・レズオンリーでやらせていただいています。

    以前の作品の中に3つほど男女エロモノを描いているのですが、
    そちらは不本意というか、『男女エロを描かないと売れませんよ』ということを
    かなり強く言われたときに作った作品でして…

    正直、製作中は胃が痛くなる拷問のような作業でした…
    それを体験して初めて『自分は女の子同士以外やっぱりムリだ…』
    という結論にあらためて至ったわけなのであります……

    正確には純粋に百合が好きというよりも、男性が出てくることを頭の中で拒絶しているので、
    画角からすべてそれを排除すると、そこには百合レズしか存在しない優しい世界が出来上がる
    というのが正解かもしれません。

    これは昨今の百合アニメや女子メインの日常系アニメに影響されたというわけではなく、
    作者が小さいころからすでに持っていた性癖で、
    普通に健全な男の子たちが見てきた少年漫画のというものが非常に苦手だったために、
    少女漫画や女の子方面に逃げていた次第です。

    当時はもちろん百合だとかレズだとかそんなジャンルなんてほとんどなかったので、
    どこで自覚して目覚めたのか自分でも定かではありません。
    気が付くと女の子同士をキスさせていたり、そんなものばかり描いていました。
    初めて描いた漫画もそんな感じだったかと思います。

    当然、ジャンルが存在していなかったわけですから、参考にする作品とかも無く、
    自分の妄想の中でレズセックスを展開してニヤニヤと喜んでいた感じで……

    ですから、ほぼ生きてきた時間の中でレズ妄想してきたものが、山のように頭の中にあるわけです。
    そして現状、正直まだ描きたいものを30%も表現できていないくらいなので、
    たくさんのレズ愛をもっともっとお見せしたいと思っています。
    (というか自分がまず描きたいわけですが…)

    そんなこんなで非常に偏った作風ではありますが、
    今後とも、どうぞ温かい目で見守っていただけると幸いです。


    ~ 蛇足 ~

    ここからはちょっと偏った性癖がゆえの勝手な独りごとなので、
    ガチレズ好きな方以外はお読みにならないほうが良いかもしれません。
    (それは違うというご意見がありましてもスミマセンとしかお返しできませんのでご了承ください)

    自分の中でます百合レズと一般エロとの決定的な違いというものが、『ゆっくり感』です。
    おっぱいを触るにしても、大事なところを愛撫するにしても、
    とにかくゆっくり、優しく、決して激しくしないということ、
    男性が出てくると大体女の子をモノみたいに扱って荒っぽくやってしまいますよね…

    お話の大詰めだと盛り上がり次第でレズでも激しく描くことはもちろんありますが、
    いきなりズボズボしてあ~スッキリしたみたいなのはちょっとですね……

    その延長上として男性がフィニッシュしたらそこで終了というのがあります。
    これはエロアニメなんかに見られる最終的にホワイトアウトして、はい通常シーンみたいな……

    レズに大事なのは事後なんです。
    一緒に触れ合って感じ合って、そしてそのあともう一度お互いの意思や愛情を確かめ合う……
    後戯やピロートーク的な部分がとても必要なんです。

    あともうひとつ個人的に重要視しているのが指先。
    柔らかくて綺麗な指先が女の子のセックスの重要な武器だからです。
    指を這わせ、絡ませ、柔らかく優しく感じさせる…
    そんな指先を綺麗に大切に描きたい……これぞレズ好き特有の思考だとも言えると思います。

    なんか言いたいことを勝手に書きなぐってしまいましたが、
    不快に思われた方がおられましたら本当に申し訳ありません。

    ただ、レズ作品を見るときにそういう点に注目して見てみると、
    また違った見え方をすることもあるのではないでしょうか……


      おまめ

    あけましておめでとうございます☆

    新年あけましておめでとうございます。
    あっという間に1年が過ぎてしまった気がします。

    本年はこれまで以上にプリプリでむちむちな絵を描けるように精進して参りますので、
    どうぞ温かい目で見守ってやってください。

    それではあらためまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。


      新年のメガネさん
      2018年1枚目のメガネさん 

    姉妹レズ編

    ちょこ先生3ようやく完成致しました。
    大変遅くなって申し訳ありません。

    あれから結局描き足しと描き直しで原画が6~7枚増えてしまい、
    加えて、展開上ボツにした絵も5~6シーン出てしまいました……

    お話のほうは『ちょこ先生が保健医になった理由』という
    物語の原点に触れるような内容となっています。

    よろしければ是非ご一読ください。


     姉妹レズ編
       今回は239枚のストーリーCGになります。

    進捗状況

    ちょこ先生の続編CG集の完成が遅れています。
    決して作業をしていないわけではなく、その逆でずっと作業し続けているにもかかわらず、
    例のごとくアレもコレも入れたいとシーン絵をどんどん足していたら
    もうすでに基本絵が30枚を超えてしまいました…

    早くお届けしたいのですが、できる限り綺麗な絵で見ていただきたいので
    手がモゲるくらいに頑張って描いていますw

    12月中には間違いなく公開できると思いますので、
    もう少しだけお待ちいただけると幸いです。

      
      ちよこのシャツ脱がす
       姉妹レズバトルの結末は?? 

    幻想乳ISM

    いろいろと作業に追われる日々を送っているうちに、すっかり寒くなってきてしまいました。

    少しずつではありますが、ENTYのほうにもご支援者さま、フォロワーさまに付いていただき
    大変ありがたく思っています。
    ですので出来るだけENTYのほうにも提供できるものを増やしていければと考えています。


      ミルクパイ表紙
      イラスト『 カフェ白玉楼 』の未公開セリフ付き差分『練乳ミルクパイ』
      (第一弾・差分9枚)現在ENTYにて公開しています。


    余談ですが、CG集作品の中にもまた幻想シリーズを入れていきたいと思っています。
    (現在はパチュリーの『幻想失禁ISM(おもらしズム)』のみ)
    作者の意向で作品には基本的に男性を出さないようにしているのですが、
    この幻想シリーズでは、いわゆるイメージビデオや着エロ風に
    読んでいるかたへの語りかけ目線でのヒロインとのヴァーチャルエッチ感覚で
    見ていただける作品にしようと思っています。
    ※幻想シリーズの2作目は西行寺幽々子の『幻想乳ISM(おっぱイズム)』を予定しています。

    もちろん、作風はこれまで通りレズ作品最優先で行きますw
    とりあえずはちょこ先生の後編を早くお披露目しないとですね…